2017年06月26日

覚えてますか?初めてバイクにまたがった日の事

PPS_bikeninororukoibito-thumb-autox1600-13002.jpg
※写真は本文とは関係ありません^^

初めてバイクにまたがったときの記憶ってありますか?

私が一番最初に乗らせてもらったバイクは、スクーターでした。

私が生まれ育ったところは普段から強い風が吹くところで、向かい風の自転車はとても辛い。

それなのに、アクセルを少しひねるだけであっという間にスピードが出ました。

正直ものすごく興奮したと言うのが最初の感想。

スクーターだから軽いし、自転車と同じ感覚で乗れることがとても身近な乗り物だと思いました。

その後、NS-1に乗らせてもらい、初めてミッションバイクを経験しました。

左足でギアを入れて、左手でクラッチをつなぎながら、右手でアクセルを回す。

右手のアクセルを戻して、左手のクラッチを切り、左足でギアを変える。

なんて面倒なんだ・・・って思いましたけど、操ってる感がスクーターよりもあるし、ギアを変えるたびにスピードが上がるということも楽しいと思いましたね。

あ、そうそう、ニュートラルに入れるときに、「1速から半分上げる」って感覚がわからずに、しばらく悪戦苦闘したのはいい思い出^^

で、大学進学してからNS-1を買ってもらい通学。

正直、満足できるはずでした。

あの日バイク屋に行くことがなければ。

友人がゼファーが欲しいから・・・とバイク屋巡りにつき合わされ、何件かのバイク屋さんを回った時に見つけたのが・・・

XJR400

真っ黒のタンクにゴールドのサイドカバー、ほぼ一目ぼれ。

その後ろにおいてあったのが、その時友人が欲しがってた黒のゼファー。

「一緒に乗ろうぜ」って一言ですっかりその気になってしまいました。

その後CB400SFにまたがらせてもらって、車格の違いに驚きました。

どこまでも加速する感じとか、2stの原付とは違う排気音とか。

そんなこんなで2ヶ月という長い夏休みにはバイトに明け暮れ、秋ごろXJR400を手に入れて、正月。

バイク雑誌に衝撃の見出し。

XJR1200発表!!


<スポンサードリンク>

当時、大型二輪は夢のまた夢みたいな存在だった限定解除の試験。

今では無免許だけど、当時ではまだ条件違反かなんかで罰則が軽かったんで、当時でも中免でありながら大型乗ってる人いたみたいですけど、私の兄の奥さんのお兄さんが限定解除してXJR1200のオーナーになってたことで、近所を一回りさえてもらったことがあります。

400を上回る車格とパワー感、図太い排気音にすっかり魅了されてしまいました。

すっかり憧れの存在となってしまってたXJR1200。

その後事故で400を廃車にしたりして月日は流れ・・・

 関連 XJR400 衝撃の廃車写真

限定解除は無理かと思っていた大型二輪も教習所で取得できるようになり、気付けばそんなバイクのオーナーに。

こうして振り返ってみると、バイクとの出会いっていつも感動と興奮がそこにはあったなぁ。

今ではすっかり中年になってしまったけど、そんなバイク小僧の昔話でした。

たまには昔のことを思い出してみるのもいいもんだね。


にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ



<広告>



posted by たろう at 21:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

XJRのオイル漏れ・・・原因はここから

和歌山から帰った後発見したオイル漏れ。

 関連 XJR1200に異常あり・・・オイル漏れか?

この茶色い液体の正体は・・・?

というわけで行きつけのバイク屋さんへ行ってきました。

前回の記事にも書きましたが、XJR1200のオイルエレメントは左側面にあります。

それがこの場所

DSC_1180.jpg


オイル漏れに気付いてウエスで拭いたときに、この垂れた液体がドロッとした粘度のあるものに感じたので、クラッチ関連の可能性も残しながら、十中八九オイル漏れだと思ってたんですよね。

なんかクラッチフルードって、サラッとしたイメージを持ってましたので。

あとは〜クラッチの方だと修理代高くなりそうじゃないですか?www

自宅からバイクを引っ張り出した時、バイクの下にオイル漏れのような跡は無かったから、まずは一安心。

バイク屋さんに着いて、「これなんだけど?」と伝えると、「あ〜なんか付いてますね」の一言。

覗き込んだら確かに垂れてる。

で、診断の結果・・・

残念


クラッチ  (1).jpg

クラッチです。

この外した部分がどういう作用してクラッチが切れるのかわかってないんですけど、聞いた感じだと「この中にブレーキキャリパーのピストンのようなものが入ってて、それで本体の方の棒を押してクラッチが切れる」という認識をしました。

で、修理は?

私の認識だと今の外した部品をばらして、中のシールを交換。

って感じでしょうね。

当然フルードも交換になる?補充でいける??

ちなみにオイル漏れの可能性は?

クラッチ  (2).jpg

この形状だとオイルのエレメント部分のカバーからは滲んだあとも見られなかったので、エンジンオイルという方は可能性なさそう。

問題の修理の方だけど、とりあえずこの先遠出する予定もないし、もう少し涼しくなってから・・・とも思いましたけど、なにせ20年以上経過したバイク。

連鎖反応で異常が出始めたら大変なので、とりあえずパーツの手配だけ頼んで帰りました。

今までこのバイクで異常がでたのって、エンジンのヘッドカバー?っていうのかな、あの辺りから二度ほどオイルが滲んだ位でホントノントラブル。

 関連 XJR1200修理入院です

不具合でも続けば買い替えとかっていう発想も頭の片隅に出てきそうなものですけど。

ただ、バイク屋さんでも話してたんですけど、ブレーキ関係とかそろそろメンテナンス的に手を加えてやる必要は出てきそうですね。

キャブとエンジンの間のインシュレーターもひび割れてきてるし。

いつか大きな出費が来そうです。

さて、その後は少しだけ足を伸ばして、串掛林道というところへ。

ただ、林道と言っても舗装はされてますんで、オンロードバイクでもOK

2017-06-25 11.22.59.jpg

見ていただければ分かるかもですけど、結構な急勾配でしかも狭い。

昨日からの雨で木々の葉っぱは落ちてるし、ウェットとドライの路面。

ただ、この道・・・

広島の夜景が見渡せるところなんです。

狭いけど。

車止めるところ無いけど。

近くの神社からの夜景だとこんな感じ。

PB120107.JPG

本当は景色を眺めに行ったんだけど、思った以上に停まる場所が見当たらなくてそのまま帰宅の途に。

その道中「XJR1300のブレーキ移植しようかな〜」なんてぼんやり考えてたりして。


にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ



<広告>



posted by たろう at 16:44 | Comment(0) | │ ├XJR1200 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

被写体としてもバイクはカッコいい(自己満)

ずっと考えてたんですけど、やっぱりブログの内容とタイトルがあまりにもかけ離れてる気がして、タイトルを変更しました。

さてさて・・・

バイク乗りにとって自分のバイクは特別・・・ですよね??

同じバイクでも自分のバイクが一番カッコいい・・・って思ってるはず。

そりゃ〜ゼファーとかNinjaとか刀とか、SRとか北海道で乗ってたCB1100もカッコいいと思うけど、じゃあ乗り換える?ってなるとちょっと違う。

買い足す?ってなると欲しいけど経済的なものもあるしそれはちょっと無理。

そういう事情も踏まえたうえでも、回り回って最終的にはやっぱり自分のバイクはカッコいいと思う。

いつからだろう、バイクの写真を撮るようになったのは。

一番最初に乗ったバイクは原付のNS-1だった。

出掛ける距離とかも限界あったけど、それでも近所の眺めのいいところで写真を撮ったりしてたっけ。

きっとこの一台がなかったら、バイクの楽しさにめぐり合う事はなかったはず。

次のはXJR400

2014-04-13 14.14.56.jpg

いろんな所行って、いろんな景色眺めたりしてたけど、乗ることが楽しくてあんまりバイクを被写体として撮った覚えはないなぁ。

学生時代の友達とツーリング行ったり、峠をそれっぽく攻めてみたり。

バイクは楽しいと本当に教えてくれたバイクだった。

その次が刀400

サムライダー3 - コピー.jpg

400だから「小刀」だ「彫刻刀」だと弄られたけど、独特のスタイルは眺めてても楽しかった。

でも、結構足として乗ってた気がする。

その次がやっぱりXJR400

18の時に初めて見て惚れたスタイリングが忘れられずに購入。

でも、この頃はもう仕事もしてたし、日曜日に乗るにも資格の予備校とかその当時の彼女に拘束されて乗れなかった。

所有欲だけは満たしてくれたというバイク。

▼その当時乗ってた70スープラと(所有時期末期)
XJR400.jpg

そして今のXJR1200

初年度登録が平成8年だから96年式。

すでに20年以上も経ってしまったバイク。

今でもカッコいいと思う。

この頃は前の彼女とも別れてバイクライフを謳歌し始めたころだったなぁ。

ツーリングへ行っては眺めのいいところで写真を撮ってた。

2014-04-13 12.59.51.jpg
なんでこんなに路面が写ってんだろうねw

この頃からかなぁ〜、眺めのいいところでバイクを入れて写真を撮りだしたのは。

どんなに気にいったロケーションで写真を撮っても、愛車が入ってないとちょっと物足りない写真の気がして・・・

2014-06-22 06.21.55.jpg
▲これと
▼これとか・・・(タンデムシートのビニールが見苦しいけど:;)
2014-06-22 06.20.24.jpg



<スポンサードリンク>

DSC_1035.jpg
▲これと
▼これとか
DSC_1034-1.jpg

「あ〜」って共感してくれる人は絶対いるはず・・・

多分・・・いるはず・・・

きっと(汗)


アングルとか構図とかってまだまだ勉強不足だし、あんまり意識してないから、もっとカッコいい写真の撮り方って絶対あるとは思ってはいますけど。

ま〜どこまで行っても自己満足の世界なんでしょうけど、これからも下手くそなりに、たくさん写真を撮りたいです。

にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ



<広告>



posted by たろう at 18:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド